虚ろなる闇・プロミヴォン(The Emptiness・Promyvion

最近、ヴァナ・ディールを密かに蝕み始めた謎の現象「虚ろ」。はるか遠国のことと思われていたこの災いが、三国の冒険者を新たなる探索へと誘う。

虚ろ・・・。それはこの世の綻びか、それとも新たなる世の誕生なのか?

解説

プロマシアミッションで一番最初に行くことになるダンジョン。現在プロミヴォン・ホラプロミヴォン・デムプロミヴォン・メアプロミヴォン・ヴァズの4つと、プロミヴォンの奈落であるテメナス?が確認されている。

このリージョンは、コンクエストの外にあるため、シグネットがかかっていてもクリスタルを入手することができない。また、レベルは強制的に上限30とされてしまう。このため、それに応じた装備が必要となる。

出現するモンスターは、虚ろなるもの(Empty)と呼ばれるもので、ワンダラー(Wanderer)ウィーパー(Weeper)クレイバー(Craver)シーザー(Seether)シンカー(Thinker)ゴーガー(Gorger)の6種類で、インビシやスニークなどといった魔法をすべて見破ってしまう。また、彼らは個体固有の属性を持っており体の中の光る色によってその属性が決まる。

基本的な流れは、4つある階層をわたって中央の塔(Spine)を目指して進む事だ。このとき、次の階層に進むには、メモリー・レセプタクル(Memory Receptacle)を倒してその直後に現れるワープポイントにすぐはいる事だ。1層からのワープポイントは、これを倒せばすぐに現れるが、2層以降のワープポイントの出現位置は固定されてないので注意。(いくつかあるうちのどれかが本物)

初期の頃は、状態異常になると長時間にわたってこれが続く上、敵も強くまた、ゲートが開いている時間も短かったため、狩人、アライアンス単位での行動、やまびこ草といった状態異常解消アイテム等必修だったが、現在は大幅に緩和され、6人でも余裕で奥に行けるし、メモリー・レセプタクルを直接殴っても問題ない

ただし、前衛はハイポーション、後衛・支援はヤグードドリンクを最低2個はボス戦に向けて持っていきたい。

あと、時々○○の記憶の塊というレアアイテムをモンスターが落とすことがある。このアイテムは、ル・ルデの庭アニマと交換してもらえる。このアニマには虚ろなる者に対し、記憶を戻す作用があり、それによって(ひる)ませ、攻撃回数を減らすといった効果がある。このアイテムのドロップ率も緩和されているので、攻略する前にこのアイテムを持っていくことをお勧めする。

だいたい攻略にかかる時間は2時間ほど。

地図は、Gorgerが関連アイテムを落とすらしい。

このダンジョンに含まれるエリア

この地方に関する他の情報

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#areaedit()は、実装されていません。