ソ・ジヤ/異界の口(Pso'Xja)

広い通路や無数の個室より構成されており、考古学者の間では古人の都市として機能していたと考えられている1。また壁面には、幾何学模様や召喚獣をモチーフにしたと思われるレリーフが散見されるが、何時、何人が彫ったものなのか、未だ正確には解っていないのが現状である。

今になって、急に天晶堂が冒険者に遺跡を開放したのには、何か裏があるようだが…。

解説

このダンジョンは、ホルトト遺跡とおなじように、いくつかの独立したエリアに分かれている。予想通り構造はホルトト遺跡に近い。一部のダンジョンはレベル制限がかけられる。Cryptonberryは、光のクリスタルを落とすので金策にもいいかも。

プロマシアミッション3-5『神を名乗りて』攻略

基本的に2フェーズで行くことになる。1度目は、グレーチップのため。次が本番だ。チップはDiremite Stalkerが落とす。もっともでやすいと言われているのは、一番高台にある塔だ。平均レベル60以上でないときついかも。比較的よく落とす。

本番、アウトポストに一番近い塔では、レベル40制限下の行動となる。基本的に、赤のゲート→黒のゲートの繰り返しで進む。特にこれと言って迷う要素はないが、エリアチェンジごとに魔法が解けてしまう。アクティブなのはコウモリだけなので、ほとんどの場合においてスニークだけで移動できる。ただし、奥に行くとSnow Ballというボムの雪ヴァージョンのようなモンスターと、Cryptonberryというトンベリの一種が現れるので、インビシも使う必要がある。

バトルフィールドはやや特殊で、しばらく戦っているといくつかの床が抜け落ちてしまう。落ちてしまうと、ボスと戦えないばかりか、下にポップしているモンスターの餌食だ。しかし、どこの床が落ちるかは、よく見てみるとわかる。

pboss2.jpg
pboss.jpg

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #floatclear() is not implemented.

右図のような場合落ちる床は左の図の水色で示された場所となる。パターンは下記の3種類ある。

□□□××
□×□□□
□×□×□
□□□×□
××□□□
□×□×□
□□□□□
□□×□□
×□×□×
×□□□×
×□□□×
□□×□□
×□□□×
□□×□□
×□□□×

よって、安全地帯は

××○××
○××○○
×××××
×○×××
××○○×

になるが、これでは行動に制約ができてしまう。どこが落ちるのかはわかるので、やはり、その場に応じて変えていく方がいいと思われる。

戦いにでるまでは、こちらが落ちない限り、相手はおそってこない。怖いのは、ナイトメアで、睡眠状態になってしまう。しかも、スリップダメージ(バイオや毒など)では目が覚めない。気がつくと何もしないままやられてしまっていることもある。

このボスの場合もPM2-5の時と同じで比較的サイレスやパライズが入りやすい。場合によっては2-5よりも楽かもしれない。

プロマシアミッション5-3「みっつの道」

今回は、単純にレベル50制限のダンジョンの16個ある部屋を進んでいくだけだ。おそらくこれが一番楽。ドアにふれるとモンスターが出現する。エレベーターを降りて、すぐ進んだところに向かったところにある部屋のとブラを調べて終わり。

マップ

A

        (ラジオボタンを押すとマップが切り替わります。)
Pso'Xja A

見所

x1.jpg&areaedit;
x2.jpg&areaedit;
[Upload]&areaedit;
[Upload]&areaedit;
[Upload]&areaedit;
[Upload]&areaedit;
[Upload]&areaedit;
[Upload]&areaedit;

コメント

No comment. Comments/フォルガンディ/ソ・ジヤ?

このエリアに関するほかの情報

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #areaedit() is not implemented.