リヴェーヌ岩塊サイトB01/帝竜の飛泉(Riverne - Site #B01 / Monarch Linn)

タブナジア本島西端に位置するリヴェーヌ岬一帯が、先頃の謎の地震と共に忽然と隆起し、岩盤ごと雲上まで浮上する現象の起きた場所。ゴブリンの探検家によってもたらされた情報を元に、現在、タブナジアでも調査隊の派遣が検討されている。

解説

リヴェーヌ崎のちょうど北側だったB01では、レベル50制限下での行動となる。しかし、モンスターはA01よりも相対的に強めである。基本的に、空間の歪みをくぐってすすみ、歪みが弱いところでは、竜の鱗を使うと行った流れは変わらない。ただし、こちらでは帝竜の飛泉にいくまでにそれが必要な場所は1カ所だけだ。

おそらく、こちらに来る頃にはその流れはだいたい分かるはずなので、さほど苦労しないで行くことが出来るだろう。中央部から歪みにはいるか、西まで進みきった上で歪みにはいるか考えどころ。ただし、ヒポグリフが多い事を考えると中央部で岩塊に乗った方がいいかもしれない。

クエ『空に浮かぶ岩塊』では、その場所に着いたとたんいきなり戦闘になる。スリプガで眠らせて各個撃破で行こう。なお、モブリンなので爆弾テロはない。

プロマシアミッション4-2攻略

基本的に、A01と同じ要領で進んでいけばいい。周りのモンスターもレベルが高い以外はほとんど同じだ。問題なのはやはりBCNM戦でPM2-5のように複数の相手と戦うわけではないが、ダメージの大きさから苦戦になる場合が多い。特に飛び立ってる間は、遠距離攻撃しかできない上、飛び立つときから地上に降り立ったりするときに範囲ダメージを食らう。あと、ストンガIIも結構痛い。

したがって、作戦はいかにサイレスで魔法を封じつつ飛び立たたせないかが鍵になる。今回も例によって弱点がある。タブナジア地下壕のクエ『その翼、空高く』でヒポグリフの尾羽根2枚と交換できる雲消霧散石を使うとオウリュウは飛べなくなる。ただし、複数もてるものの、競売所で買うことはできないので前衛が独自に集める必要がある。最低でも一人2個は持って行きたい。

半分ほどHPを削ったらあとは、古代魔法でカタをつけても問題ないだろう。HPを7割削ったところで戦闘終了。

なお、ミッションのBCNMは、A01経由で来た場合、当然その選択肢は出てこない。あしからず

マップ

riverne-site_b.gif

ノートリアスモンスター

Boroka
母衣武者の篭手,オーディトリトルクボロカイヤリング,スカルカーケープ
Imdugud
ヘヴィランス,ナイトリーピアス
Spell Spitter Spilospok,Chemical Cook Chemachiq,Book Browser Bokabraq
クエ『空に浮かぶ岩塊』。移動後すぐに戦闘になるので注意。

見所

rb1.jpg&areaedit;
rb2.jpg&areaedit;
[添付]&areaedit;
[添付]&areaedit;

コメント

コメントはありません。 Comments/タブナジア群島/リヴェーヌB01?

このエリアに関する他の情報

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#areaedit()は、実装されていません。