ウィンダス連邦(The Federation of Windurst

ffxi_flg_04l.jpg

ミンダルシア大陸の南方や、その近隣の島々に住む小柄な民タルタルの諸部族が連合して成立させた連邦国家。「天の塔」と呼ばれる神殿に住む神子の信託を元に、諸部族の代表の名残である、各分野の博士達の合議で治められている。街の一角には、タルタル族と友好関係にあるミスラ族が暮らし、天性のハンターである彼女達の狩りの技が、この都を一層豊かなものにした。

連邦の首都ウィンダスは、数十年前の戦火で一度は見る影もなく荒れ果てたが、今では街全体が魔法研究機関として機能する学術都市として、見事な復興を遂げている。

人々が多く行き交い、荒廃の面影はもはや無い。ウィンダスは今、再び静かな平穏に包まれている。

周辺には、サルタバルタと呼ばれる広大な原野が広がり、この地方特有の植物が自生している。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#floatclear()は、実装されていません。

詳細/Info

この国に関する他の情報

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#areaedit()は、実装されていません。