ナシュモ(Nashmau)

皇都を出港し、荒波の暗碧海を島伝いに北上すると、たどり着くアズーフ島。その濃霧に覆われた島にある唯一の町がナシュモである。かつては皇国海軍の補給基地として利用されていたが、疫病が流行した際に町ごと放棄されてしまい、今では人間に代わって住み着いた獣人キキルンが、港の一部を運営。アラパゴ諸島を訪れる漁師や流れ者相手に、細々と商いを営んでいる。町の東には「瘴霧の沼」と呼ばれる、底なしの泥濘地帯が広がる。

解説(Description)

アトルガン白門から、船に乗るとこのナシュモという小さな港町に出る。小さいといっても、競売所や出張モーグリ、宅配、ホームポイントなどの基本施設が結構整っている。

マップ(Map)

nashmau.png

施設

  • アトルガン白門行き船(12分おき)
  • ホームポイント
  • 出張モーグリ
  • 競売所

見所(Highlight Spot)

n1.jpg&areaedit;

コメント(Comment)

コメントはありません。 Comments/アラパゴ諸島/ナシュモ?

このエリアに関する他の情報(More info of this area)

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#blogs()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#google()は、実装されていません。