カダーバの浮沼(うきぬ)(Caedarva Mire)

アズーフ島に広がる大沼沢地帯。「カダーバ」とはイフラマド語で「迷夢」の意。ほぼ一年を通して濃霧に覆われている陰鬱たる地だが、密生した灌木とマコモやハス等の挺水植物からなる植生は豊かで、両棲の動物が数多く棲息している。この一帯は、かつてアトルガン皇国イフラマド王国の激戦が繰り広げられた古戦場としても知られるが、今ではそれらの国々に代わり、ラミア擁する死者の軍団とナシュモキキルン、そして近東を拠点とするフォモルの一党が、隠然と勢力争いを繰り広げている。

解説(Description)

ナシュモを出ると湿地帯である。これまでのエリアと異なり、昼でも視界が悪く、常に霧で覆われて10メートル先が全く見えない。さらにややこしいことに、インプというインスニを見破るモンスターが徘徊している。しかも、ほかのノンアクティブの鳥がいるため間違えやすい。一度おそわれたら、高レベルでも苦戦することは間違いない。移動速度が速く、とんずら無しではあっというまに追いつかれ、強力な魔法を使ってくる。

沼にはいると、奇妙な状態異常になる。ぬかるみに足を取られてヘビー状態になったかと思えば、ストンスキン状態になったり、場合によってはとんずら状態になる。

ここの地図は、アトルガン白門G-6で受けられる「トリックスターの描く夢」をこなすと入手する事ができる。このクエでは、白門からバフラウ段丘へすぐ出たところにある、チゴーが相手となるので、大人数で一気にやってしまうことを推奨。詳しくは、関連サイトを参考にしてほしい。

アズーフ島方面(1)

ナシュモを抜けるとアズーフ島エリアだ。西側とそれ以外との地理的なつながりはない。アラパゴ暗礁域にいきたい場合は、北口か東口をでる。また、アラパゴ暗礁域付近まで来ると、ラミアがスケルトンを引き連れてたむろしている。

西側には墓地があり、そこを抜けると、タラッカ入り江とハザルム試験場がある。夜間は、ナシュモのNPCが言うようにアンデッドが徘徊しており危険である。

現在、アズーフ監視哨の移送装置を使った、レベル70代前後のパーティーが、インプや、トンボ、カエルを対象としたレベリングポイントの一つとして頻繁に利用されている。

E-11から、アルザダール海底遺跡群を経由して、ドゥブッカ島へ行けるほか、J-10から、アルザダール海底遺跡群銀海遺構へいけるらしい。

ドゥブッカ島方面(2)

ドゥブッカ監視哨があるドゥブッカ島方面に行くためには、../アラパゴ暗礁域をいちいち回ってこなければならない。もちろん、敵もアズーフ島と比べると格段に強い。

レベル70代中盤(カンスト寸前)のパーティーがラミアを相手にレベリングを行っているようだ。

J-10から、アルザダール海底遺跡群を経由してアズーフ島のE-11へ行き来できる。ナイズル島は、G-10から行ける?

マップ(Map)

全体図

caedarva.gif

アズーフ島(Azouph Isle)

caedarva1.png

ドゥブッカ島(Dvucca Isle)

caedarva2.png

シャールグ島(Sharug Isle)

caedarva3.png

ヘディーバ島(Hediva Isle)

caedarva4.png

ノートリアスモンスター

Peallaidh

見所(Highlight Spot)

c1.jpg&areaedit;
c2.jpg&areaedit;
c3.jpg&areaedit;
[添付]&areaedit;
[添付]&areaedit;
[添付]&areaedit;

コメント(Comment)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Peallaidhの出現位置、バカラフ回想録の位置、アルザダール海底遺跡群の行き先を追記。(2)のF-10にあるマップにかかれていないエリアを追記。 -- Logue 2006-08-19 (土) 21:15:36
  • アズーフ監視哨 -- 2006-11-05 (日) 13:28:52

このエリアに関する他の情報(More info of this area)

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#blogs()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#google()は、実装されていません。